<< B型肝炎訴訟、国側が和解協議入り表明(読売新聞) | main |

スポンサーサイト

  • 2010.05.28 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


口蹄疫 赤松農水相が陳謝「結果責任はある」(産経新聞)

 赤松広隆農水相は25日午前の衆院農林水産委員会で、宮崎県で被害が拡大している口蹄(こうてい)疫問題について、「私としては誠心誠意、必要と思うことをやってきたつもりだが、結果としてこれだけ広範囲に口蹄疫が広がったことについては大変申し訳ない気持ちでいっぱいだ」と陳謝した。自民党の谷公一氏の質問に答えた。

 これまで赤松氏は「結果責任はある」としていたが、初動対応に遅れがあったとの指摘には「反省するところはない」と語っていた。一方、赤松氏は同委員会で、被害拡大の最中に外遊に出かけたことについては「私が行ったことで急に発症が大きくなったということはない」と述べた。

【関連記事】
口蹄疫 消毒マット、触れ合い中止…動物園「広まれば閉園も」
「救いたい」種牛49頭めぐり東国原知事vs副大臣バトル
こてっちゃんのエスフーズ、東国原知事に義援金8千万
口蹄疫 ふるさと納税と義援金合わせて1億円超 巨人やソフトバンク…続々
「口蹄疫で消えてしまう…」日本3大開拓地・川南町ルポ
虐待が子供に与える「傷」とは?

省エネ大賞・新エネ大賞は廃止…仕分け第2弾(読売新聞)
<口蹄疫>ワクチンの接種開始 家畜20万頭を対象に(毎日新聞)
<強盗>スタンガン使い8万円奪う 名古屋・まんが喫茶店(毎日新聞)
土砂崩れ 孤立の集落、ダム湖でボート住民の足に 山梨(毎日新聞)
前橋会社経営者殺害、新たに暴力団組長を逮捕(産経新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.05.28 Friday
  • -
  • 19:17
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック